MENU

産後の結婚式の式場選びでチェックする4つのポイント

私自身、産後の結婚式に向け式場探しをするなかで
絶対チェックすべきだなと感じたポイントが4つあります。

 

結婚式当日の赤ちゃん用の控え室が用意できるか
結婚式の打ち合わせが個室でできる場所か
ドレス選びの時間に融通が効くか
プランナーさんが女性であるか

 

産後の結婚式の式場探しで、
ポイントが上記4に絞られました。
式場見学に行かなければ見落としていたかも
しれないポイントなので本当に下見に行って
良かったと思います!

 

 

楽天ウェディングからブライダルフェアーを予約すると

楽天スーパーポイントが貯まります!

 

パパママ婚

 

結婚式当日の赤ちゃん用の控え室が用意できるか

 

私の場合は産後6ヶ月に産後結婚式を挙げる
ことにしました。
式場下見で結婚式中の赤ちゃんのお世話は
ベビーシッターさんを頼めるとところ、
家族での子守を勧めてくるところ様々でした。
どちらにせよ、挙式中もしくは披露宴での
赤ちゃんのお披露目はしたかったので、
会場の近くに赤ちゃんの控え室が用意できる施設の
方がいいなと思いました。
もしくは、花嫁の控え室(ブライズルーム)が広い会場。

 

会場に控室があるのが当たり前だと思っていましたが、
式場の中にはメイン会場の近くにそのような控え室を用意するのが
難しというところもありました。
特に、レストランウェディングになると設備に懸念出てきます。

 

みんなのウェディング

 

 

結婚式の打ち合わせが個室でできる場所か

 

これも子供が生まれてからだと重要なポイントです。
個室を当たり前だと思っている方が
多いのではないでしょうか?
実際式場下見に行くと、
打ち合わせラウンジでの打ち合わせや
同じビルの中のカフェ、事務所での打ち合わせ
なんて会場もありました。

 

大人だけでの打ち合わせなら問題ないですが、
子連れで打ち合わせってことになると、
泣いちゃったりしたら気が気ではありません。
なので、できるだけ元々打ち合わせには個室が
用意されているところを選びたいです。

 

個室

 

 

ドレス選びの時間に融通が効くか

 

「授かり婚」でも産後に結婚式をすることを決めたなら
普通の花嫁さんと同じようにたくさんの
ラインナップからドレスを選びたいですよね。
産後の体型を気にされる方も多いですが、
産後の体型が戻ってから、ゆっくり選べる式場を
選んだ方が安心です。
特に、大きいドレス屋さんと提携している式場の方が
元々のドレスの数が多いのでその心配は軽減される
印象を持ちました!

 

個室

 

 

プランナーさんが女性であるか

 

式場選びを始める前はあまり気にして
いませんでしたが式場選びをするうちに
やっぱりプランナーさんは女性がいいなと思いました。

 

それに産後の結婚式は普通の結婚式以上に
分からないことがたくさん出てきます。
経験豊富で、女性の気持ちを察してくれる
女性プランナーさんの気配りが欲しいなと感じました。

 

個室

 

 

まずは一度式場に行ってみることをおすすめします!

 

パパママ婚

 

私の産後6か月のパパママ婚レポート

 

このページの先頭へ